脱毛の痛みは「パシン」か「バシン」か?

私は足のムダ毛が多く、ここ数年は海水浴にも行けずに悩んでいました。
そして自分でカミソリを使い剃っていましたが、カミソリ負けで肌を痛め、毛抜きを使って抜くと毛根から抜けるので次に生えてくるのは遅くはなりましたが、痛みを伴い毛穴が開いてカミソリで剃った時よりも肌を痛めてしまう結果になってしまいました。

「痛み」と一口で表現してもその痛みの度合いというものを表現するのは難しく、よく言われているのが「輪ゴムをはじく強さの痛さ」という表現であらわされていますが、その輪ゴムも長さや太さで痛さの度合いも違いますし、はじく強さが「パシン」か「バシン」なのかによっても変わってきます。
言葉では微妙な違いですが、痛みにすると大きな違いなのが脱毛時の痛みなのです。
痛みが最も伴う毛抜きを使って抜く方法は、毛根から抜けるので次に生えてくるのは遅くはなりますが、痛みを伴い毛穴も開いてカミソリで剃った時よりも肌を痛めることになります。
私がそうでしたが、そろそろ自分で処理するのを止めて脱毛サロンやエステで処理することをお勧めします。
ムダ毛の処理は脱毛サロンで処理するのが一番で、痛みも少なく肌も傷めず安全で肌もスベスベになり、専門的な知識を習得しているエステシャンがアドバイスをして処理後のケアもしてくれます。
VIO脱毛徹底ガイドはこちら